スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わんちゃんのためのフラワーレメディ出張

3頭のわんちゃんのためにそれぞれに必要だと思われる
フラワーレメディを出張コンサルテーションでブレンドしてきました。

そのうちの1本は、とにかく吠えるコのもの。

犬なので、吠えることは当たり前のコトですが、
それぞれに吠えることには意味がありますよね…。

どのような時に吠えるのか・・・という吠える切っ掛けや
わんちゃんの姿勢や行動などで心の中の感情を想像し、
その感情に必要だと思われるフラワーレメディを選んでいきます。

種の持つ本来の資質…今回のわんちゃんはダックスフンドなので
神経質であったり警戒心が強いコが多いと言われている犬種。
しかも大きな声なのも種の持つ特徴。

このコが吠えることによってストレスを感じていれば、
吠えるという行動にも変化することが期待できるかと・・・。
併せて、安心できる環境作りも考えて。。。

ニンゲンは『無駄吠え』という4文字でわんちゃんの困った行動と
位置づけていますが、多くのわんちゃんは無駄ではなく、
ちゃんと意味があって吠えているかと思います。

わがパートナー、シナモンもお喋りなコです。
吠える以外にも鼻ピーピーでにぎやか。

私が帰宅すると鼻歌ピーピー♪
しかも、しっぽフリフリで腰もクネクネのダンスつき!

もちろん、しつこく吠えることもあります。
シナモンの場合、その多くが要求吠えです。

・・・と吠える意味を分析してみると
理解できることや改善点のヒントも隠されていたり・・・。

そして、わんちゃんにとってストレスになっている要因と
思われる感情にフラワーレメディでアプローチしてみるのです。

多くの飼い主さまから『不思議』って言われますが、
不思議なのですが、ストレスから解放され
きっと、これまで以上にもっと幸せになっているんじゃないかと思うと
飼い主としても幸せなのです。。。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スケジュール
プロフィール

みつじ ゆりこ

Author:みつじ ゆりこ
岡山県岡山市在住

・愛玩動物飼養管理士
・日本アニマルウェルネス協会認定
  ホリスティックケアカウンセラー
・㈳ 日本ペットマッサージ協会認定
  ペットマッサージセラピスト
・バッチフラワーレメディ
 国際教育プログラム
  レベル2 修了
・FROTT認定
   フラワーレメディ インストラクター
・nutro japan認定
   ペットフードマスター
・nutro japan認定
  オーラルエキスパート
・ROYAL CANIN JAPON認定
  ヘルス ニュートリション スペシャリテ
・KPS認定 マウスケアメンター

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。