スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花の錬金術

津高台ホリスティックケアルーム主催の
特別講座を受講してきました。

バッチフラワーレメディを学んでいますが、
植物という観点からの学びであり、
バッチ博士がレメディとして発見したであろう
着目点となるべく特徴などを学びました。

それぞれレメディとなっている植物の種類には、
見かけや自生している場所の環境などといった面が
これまで学んできた指標とされているものとリンクしており、
意味深くもあり、楽しくもあり・・・で、あっという間の講座でした。

講師の東先生、主催してくださったみすみ先生、
いつも講座でご一緒してくださるみなさん、ありがとうございました♪
FROTTフラワーレメディ インストラクター仲間の方々、
久しぶりにランチもできて楽しかったです♪




さぁ・・・

明日は、しっぽいちです♪

車に荷物も載せました!
きっと忘れ物は無いはずです。。。

ドッグマッサージ体験、温灸体験、
フラワーレメディ体験・・・

そして、物販ではアニモフードとドッグアロマ、
アロマ専用ペンダントです♪
すべて数量限定で無くなり次第、終了です。

では、明日はしっぽいちでお会いできることを
楽しみにしております!

スポンサーサイト

rescue remedy

私のバッグの中にはレスキューレメディのスプレーと
パステル(グミのようなキャンディー)が常に携帯されています。

これまで多くは、悔しい思いをした…などの
嫌な思いをした時に使用してきているのですが・・・。

シナモンが亡くなる4日前、
仕事先に家から電話があり、
急遽、帰宅してシナモンを病院に
連れて行かなければならない…という時

亡くなった当日、調子は悪かった中で
いつも通りで病院に連れていき、
診察を待っていた車の中でチアノーゼの症状が現れ、
一時は、病院で息を引き取るかと覚悟した中で
呼吸が落ち着いた時に、シナモンはきっと、
おうちに帰りたいんだと思い、
とっさに「このまま、あと15分ほど持ちますか?」と
主治医に聞いていました。
酸素吸入をしてもらい、注射で血圧をあげてもらい、
家に連れて帰ることにした時

この普通の状態ではない中で車を運転しなければならない、
その時にレスキューレメディに助けられました。

特に当日に病院からシナモンを連れて帰る際には、
看護師さんも車の運転のことを心配してくださり、
言葉をかけてくださいましたが、
「大丈夫です。」と言えたのは、レスキューレメディを
持っていることで心強かったことがあり、
レスキューパステルを口にして運転することで、
意外に…いや、案の定、普段以上に安全運転で
冷静だったような気がしています。




このレスキューレメディは、シナモンも使用していました。

興奮して吠え続けてしまっている時や
入院した後に病院に恐怖心を抱いてしまい、
診察台でおもらししてしまっていた時にも
カミナリが嫌いで大騒ぎしていた時にも
シナモンは嫌がらなかったので、
上唇をめくってシュッシュとスプレーしていました。

シュッシュが苦手なコは、舐めさせてあげても
肉球やお耳などに塗り込んであげても大丈夫です。

ただ・・・
このレスキューレメディは緊急用のミックスでもあるので
他のフラワーレメディよりも即効性があると言われており、
ペットでもニンゲンでも一番使われやすいレメディで、
最初に使用したフラワーレメディが「レスキューレメディ」と
言われる方も多いです。

そんなレスキューレメディですが、
ある意味で緊急用であり、
気になる感情がある場合には、
根本的な要因に対しては38種類のフラワーレメディの中から
それぞれの感情に合わせたレメディを選んで
アプローチすることによって、より穏やかな感情で
日々を過ごすことが出来るようになるのではないかと
思います。

あ、レスキューパステルは、ニンゲンのみです。
わんちゃんやねこちゃんに「ゆっくり舐めてね…」と
お願いしても瞬時でお腹へGO!ですから・・・。



      インフォメーション      


 FROTT協会 フラワーレメディアドバイザー養成講座 

 フラワーレメディの基礎知識が気軽に学べる講座です。
 ご自身のため、家族や友人、ペットためにもレメディを
 使ってみたい方にフラワーレメディの原点である
 バッチフラワーレメディ38種類の指標から
 自分でカウンセリングする方法などFROTT独自の
 プログラムで解りやすく学ぶことができます。

 詳細は こちら をご覧ください
 
                

Free potaday



今日は、津高台ホリスティックケアルームでの
フリポタデーでした。

お越し下さった方にご協力いただいて、
お写真を撮らせて頂きました。





仕事や子育て…などといった
日常の中で気になる感情に
コンサルテーションよりも
気楽に来ていただいて、
ざっくばらんな感じです。

例えば・・・
「イライラを癒してくれるフラワーレメディは、
こんなレメディがありますよ~~~
違いは、こんな時には・・・」という感じで、
フラワーレメディの使い方や指標の説明など
させていただいています。

なので・・・
「写真撮らせてもらっていいですか?」と
アイドルに遭遇した時のファンのように
お願いしちゃったりもしています。

そして・・・
今日は、なぜか髪の毛を後ろに束ねた人たちの
回だったようです。
(↑写真をアップしていて気づきました)

これも何かの共感なのでしょうか!?


来月のフリポタデーは、
10月15日(土)
12:30~14:00(13:30までにお越しください)
ご予約なしでOKです。

14:00~は、1枠のみですが、
50分みっちりお話しをお伺いして
必要だと思われるフラワーレメディを
ご提案させていただくコンサルテーションも
行っております。
こちらは、事前のご予約が必要となります。

担当は、誠実で真摯な姿勢で向き合われる
多曽田 加世子さんです。

詳しくは、こちらをご覧ください。




      インフォメーション      


 FROTT協会 フラワーレメディアドバイザー養成講座 

 フラワーレメディの基礎知識が気軽に学べる講座です。
 ご自身のため、家族や友人、ペットためにもレメディを
 使ってみたい方にフラワーレメディの原点である
 バッチフラワーレメディ38種類の指標から
 自分でカウンセリングする方法などFROTT独自の
 プログラムで解りやすく学ぶことができます。

 詳細は こちら をご覧ください
 

9月17日 フリポタデー

シナモンの写真のまわりのお花たちが
咲き終えていくことが時が過ぎていくことを
教えてくれながら落ち着きを取り戻してくれるよう。


これまで何頭かの愛犬を看取ってはきましたが、
一番、ペットロス状態に陥っています。

長年、多頭飼いだったので、犬たちとも悲しみを分かち合い、
犬のいる暮らしは1頭を見送っても、続いてきていた中で、
犬のいない暮らしが小学校1年生の時以来に訪れたのです。

何よりも朝が一番、いなくなってしまったことを感じてしまいます。
起こされることもなくなり、
お散歩にいかなきゃならない・・・とか、
ゴハンをあげなきゃならない・・・ということがなくなり、
起きなければならないと思いながらも起き上がれない。
そんな感じです。

姪っ子さんの愛犬、もなかクンが遊びに来てくれて
家の中に犬の足音がある生活が、
私にとっては心地よい落ち着きになることに
気付いた今日この頃・・・。

シナモンが亡くなる前から今日まで
フラワーレメディを学んでいてよかったと思える日々です。


そんな中で、月いち開催している
津高台ホリスティックケアルームでの
フリーブレンディングデー、
通称「フリポタDAY」を今月は、
ワタクシが担当させていただきます。

【フリーブレンディングデー】

 ・フラワーレメディが気になる人
 ・フラワーレメディって何?
 ・自分の心の変化を毎月知りたい
 ・心のモチベーションUPに!
 ・心癖を何とかしたい。。。など

ご予約なしでOK!お気軽にお越しください♪
お好きなレメディをブレンドしてお持ち帰りいただけます。


日時:9月17日(土)
    12:30~14:00
    (入場は13:30までとさせていただきます)

場所:津高台ホリスティックケアルーム
     (旧津高台セラピールーム)

※14:00~ ご希望の方、1枠限りですが、
  個人でのコンサルテーションが可能です。

詳しくは、こちらをご覧ください


フリポタデー

Free Remedies Blending Day

私が初めてフラワーレメディを知った時のこと・・・
「どこで、どう試してみたらいいの?」

岡山で近くに販売しているショップもなさそうだし、
たくさんある中で、気になるモノはあるけれど、
本当にそれって、私が気になるところと合っているの?

バッチフラワーレメディというものを知ってから
実際に手に取るまでの間にしばらくの時間が掛かり、
「どうしたら…」がたくさん、ありました。


そんな経緯を踏まえて・・・


FROTTで学んでいるメンバーと月に一度、開催している
津高台ホリスティックルームでのコンサルテーションですが、
私が経験したような「どうしたら…」と思われている方や
「フラワーレメディって何なに?」とちょっと気になる方、
「ぺットにはどうやって使ったらいいの?」などなどなど…にも
お応えさせていただくことになりました。

実際にフラワーレメディを手に取っていただいて、
フラワーレメディについての使い方や選び方などの説明を
ご予約無しでご来場いただける時間を設けることになりました。

月に一度だけ、営業時間が1時間半だけの
バッチフラワーレメディのショップがオープン!
・・・とでもいう感じでしょうか!?


インターネットや本、パンフレットなどで
バッチフラワーレメディを知られ、試してみたい方には、
気になるフラワーレメディをボトルにブレンドして
お持ち帰りしていただき、お試しして頂くこともできます♪
(ボトル付き1500円)

※38種類のフラワーレメディの違いや簡単な説明や
ボトルの作り方などはアドバイザーがお手伝い致しますが、
お客さまご自身でフラワーレメディをお選びいただいて
ボトルを作っていただきます。

ご自身のため、ペットのためにフラワーレメディを
まずは気軽に試してみたい方やセルフメンタルケアが
気になる方にもおすすめな時間となっておます。

また、バッチフラワーレメディやレスキューレメディ クリームなど
ご購入していただくことも可能です。
(レメディの種類によっては、お取り寄せとなるものもございます)



そして、プライベートな空間でアドバイザーと
ゆっくりとお話しし、心の中を整理しながらの
カウンセリング形式でじっくり一緒にフラワーレメディを
選んでいくことができるインターンのコンサルテーション
(50分間 ブレンディングボトル付き)は、当面の間は、
1組さま限定で行わせていただきます。
こちらは、ご予約制となっております。

開催日や時間、フラワーレメディの
インターンコンサルテーションの詳細、
お申込みにつきましては、
こちらをご覧ください。


= = = 開 催 日 = = =

●8月27日(土)
12:30~14:00の間が
フリーレメディブレンディングデイとなり、
ご予約なしで、ご来場いただけます。

※14:00~コンサルテーション(ご予約制)
担当は、荒木 由美子

●9月17日(土)
12:30~14:00の間が
フリーレメディブレンディングデイとなり、
ご予約なしで、ご来場いただけます。

※14:00~コンサルテーション(ご予約制)
担当は、三辻 百合子

= = = = = ー = = =



朝、5時すぎから虫さん探しに勤しむシナモン。
明るくって涼しい時間にしっかり遊んで、
日中は、お部屋の中で涼しくお昼寝しています♪

スケジュール
プロフィール

みつじ ゆりこ

Author:みつじ ゆりこ
岡山県岡山市在住

・愛玩動物飼養管理士
・日本アニマルウェルネス協会認定
  ホリスティックケアカウンセラー
・㈳ 日本ペットマッサージ協会認定
  ペットマッサージセラピスト
・バッチフラワーレメディ
 国際教育プログラム
  レベル2 修了
・FROTT認定
   フラワーレメディ インストラクター
・nutro japan認定
   ペットフードマスター
・nutro japan認定
  オーラルエキスパート
・ROYAL CANIN JAPON認定
  ヘルス ニュートリション スペシャリテ
・KPS認定 マウスケアメンター

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。